メタルマッスルHMBが今だけ500円の販売店はここ!!

GACKTや多くの芸能人や女性モデルが愛用して話題!
最新ボディメイクサプリ「マッスルエレメンツHMB」の詳細はこちら!

↓ ↓ ↓


メタルマッスルHMB オススメの筋トレの仕方・筋トレしない日

 

メタルマッスルHMBの効果を最大化する筋トレの仕方や筋トレしない日の扱いは?

 

メタルマッスルHMBで身体を変えたい!そんな風にお考えなら何と言っても筋トレが大事。
筋トレは、筋肉を破壊し、それが回復するタイミングで筋肉量を増やします。
そこで、筋肉生成シグナルを活性するのがメタルマッスルの役割というわけ。

 

ではどんな筋トレをしたらいいの?とお考えの方に、経験者の私がアドバイスしたいと思います。

 

メタルマッスルHMBでどんな筋トレ?仕方は

 

メタルマッスルHMBを使う方の中で、すでにトレーニングに日々はげんでいる人には
特に伝えることはありません(笑)。

 

だって十分知識がお有りでしょうから。

 

そうではない、メタルマッスルHMBを使って、生活の中でトレーニングをしたいという方、簡単な筋トレの仕方のポイントをお伝えしたいと思います。

 

トレーニング自体は、英語でいうトレーニング名がわからなくても大丈夫。
腹筋とか、背筋、とか学校体育レベルで十分大丈夫です。

 

ポイントは、筋肉を追い込む事。そのためには、回数や負荷ではなく、自分の身体が「効かなくなる」かどうかが重要です。

 

筋肉がどれ位で追い込まれるかは、それぞれの身体によるため、回数やセット数を目安にするのはオススメできません。

 

そして、ダイエット目的で使いたい人が多いでしょうから、まずは、腹筋と背筋、太ももなどの大きい筋肉を動かして見たらどうでしょうか。

 

具体的には、腹筋や背筋、スクワット、腕立て伏せなどで十分だと思います。
それでもしっかりと負荷を掛けて行う事で、筋肉量を増やすことができます。

 

負荷をかけるポイント

 

身体を追い込むトレーニングをするコツは、負荷をかける事。

 

すご〜く簡単にですが、負荷を掛けるポイントを紹介しますね。

 

ゆ〜っくりやる!

 

腹筋背筋スクワット腕立て伏せなど、全てに共通するのは、ゆーっくりやること。
そして、一番きつい体勢で止まってください。

 

腹筋なら上げきる直前、背筋なら上がりきって降りる直前、腕立てなら床を押してる状態など。
「ちからを入れている」最中に、止めてみてください。めっちゃきついです(笑)。

 

それを、じーっくり負荷を掛けて、8〜10回で十分です。
筋トレは回数じゃないです。「筋肉に負荷がかかっているかどうか」です。

 

もちろん、それぐらいの回数もできないような負荷でやらないでください。
まずはどのくらいの長さ、タイミングならできるのか確認して、その日、一番きついところで止める。

 

そうして筋肉を追い込みましょう。

 

いきなりやめない!

 

負荷をかけてゆ〜っくり動いたら、止めてみたりする。
そして、止めてもう無理と思って上げきったり、動作を完了しますよね。

 

その時に、急にちからを抜かない。

 

そこでもゆっくり動いてください。
そして、動きを止めている最中は呼吸を止めずに。危険ですからね。止めてますから(笑)。

 

利いてるか確認しながら!

 

何度かやっていると、明らかに熱くなる部位が出てきます。
そうした部位にちからを入れられる様になったら、次のセットに行く前に触って利いてるところを確認しましょう。

 

もしかしたら、太ももや腹筋を鍛えていたはずなのに腕やクビが張っていたりするかもしれません。
負荷を掛ける部位をしっかり意識して、そこにちからを掛けられるように取り組みましょう。

 

 

筋肉を追い込んだ後は、すぐにメタルマッスルHMBを補給!

 

飲むタイミングとも重なるのですが、メタルマッスルHMBで身体に筋肉をつけていきたい方は、トレーニング中か直後ぐらいに飲むのがオススメです。

 

HMBには、「筋肉生成促進」効果があり、トレーニング後筋肉がダメージを受けているのを察知して、脳に筋肉を作れ!と指示を出します。

 

その時、炭水化物を一緒に取るようにすると、更に燃焼と筋肉生成シグナルが活性化すると言われています。

 

ですから、トレーニング直後!に、メタルマッスルHMBを摂取!
そして、汗を流し、たっぷりと睡眠を取って、身体に「修復」の時間と休息を与えましょう。

 

トレーニングの効果は見た目で現れるのが一番良いですが、
メタルマッスルHMBを伴ったトレーニングを2度3度と繰り返していれば、見た目以上に身体の「感覚」として、張りを感じることができるはずです。

 

トレーニングの頻度、筋トレしない日は?

 

筋肉を効率よく増やしていくには、筋肉の回復期「超回復」をうまく活かすと良いと言われています。

 

超回復は、通常トレーニングの3日後程度に著しく起こると言われており、超回復をした時にまた追いこんで・・・というのを繰り返して、「回復力」を鍛えていきます。

 

そうすることで、効率よく筋肉生成シグナルを活かしていけると言われています。

 

3日ごとですから、週2〜3回ですね。
回復の程度は普段のトレーニング度に応じますから、個人差があります。

 

回復したな、と思ったら追い込むのがオススメ。

 

ちなみに、筋トレしない日についても、メタルマッスルHMBは摂取したほうが良いです。
というのは、日々の生活の方のダメージも、トレーニングの回復と同時に早くなりますし、糖質制限ダイエットなどを並行している方は、筋肉分解されちゃいますから、合わせて摂取しておいた方がいいです。

 

飲むタイミングは、身体が疲れた直後、トレーニングと一緒です。
回復のステージのときに飲むのがオススメです。

 

そうすれば、トレーニングしていなくても、脳は「筋肉を増やさなきゃ」という意思が働きますから、より効率的にビルドアップすることができますよ。

マッスルエレメンツHMB 詳細はこちらで!

返金保証や今だけ500円のお試し価格のキャンペーンサイトはこちら!
↓ ↓ ↓